S9使用 ロンゲ展開 最終30位

0 -

今回も最終2桁にいけたので簡単に


202009012134517fa.jpg



【PT経緯】
前期使って感触がよかった初手ダイマ+切り返し+積み(カビゴン)を基本軸としました
初手ダイマ要因に連激ウーラオス、切り返し要因に後攻の尻尾を持ったオーロンゲ、積み要因にカビゴンとランクルスを採用しました。
そして、基本選出の展開が厳しいときのために初手に置く汎用性のある襷アタッカーとしてエースバーン、後続から展開していくDM要因にパッチラゴンを入れてPTが完成しました。



【個別紹介】


オーロンゲ@後攻の尻尾 いたずらごころ

性格: B↑C↓

実数値: 202(252)-140-128(252)-×-96(4)-80

技構成: ソウルクラッシュ イカサマ トリック リフレクター

-調整

HB振り切り




連激ウーラオス(非キョダイマックス個体)@弱点保険 ふかしのこぶし

性格: A↑C↓

実数値: 175-196(228)-120-×-86(44)-147(236)

技構成: 水流連打 インファイト 冷凍パンチ アクロバット

-調整

D: C172トゲキッスのDエアスラッシュをダイマ時に確定耐え

S: 最速ギャラドス抜き





カビゴン(キョダイ個体)@バンジのみ 食いしん坊

性格:B↑C↓

実数値: 267(252)-130-128(252)-×-130(4)-50

技構成: 捨て身タックル ヘビーボンバー 呪い リサイクル

-調整

HB振り切り





ランクルス@マゴの実 マジックガード

性格: B↑C↓

実数値 215(236)-×138(252)-130-115-53(20)

技構成: アシストパワー 瞑想 溶ける 自己再生

-調整

B特化

S:同族意識




エースバーン@気合いの襷 リベロ

性格: S↑C↓

実数値: 155-168(252)-95-×-96(4)-188(252)

技構成: アイアンヘッド ダストシュート とびひざげり 不意討ち

-調整

AS振り切り

D:DL調整





パッチラゴン@命の珠 はりきり

性格: A↑C↓

実数値: 165-167(252)-120-×-91(4)-127(252)

技構成: 電撃嘴 逆鱗 炎の牙 燕返し

-調整

AS振り切り






【補足】

オーロンゲ

このPTの軸で選出率ダントツ一位
初手のポケモンで荒らしたあと二番手として出して相手のダイマの切り返し兼後続の起点を作成するのが役目です。
コンセプトのトリック、ウーラオスに対する打点が欲しかったのでソウルクラッシュ、後続の起点のためにリフレクター、最後の枠は当初光の壁を使用していたのですが挑発を持ったギャラドスやアッキの実を持ったミミッキュに起点にされてしまうことがあったのでイカサマを採用しました。
初手でドラパルトと対面したときの様子見としての引き先としても優秀であり非常に扱いやすく露骨な受け回し以外にはほとんど選出していました。





連激ウーラオス

初手ダイマ要因
テンプレの構成では冷凍パンチの枠は雷パンチが多いですがドラパルトに対する打点を優先して冷凍パンチを採用しました。
そのおかげでドラパルト入りのグッドスタッフのPTに選出しやすくなり扱いやすかったです。
ギャラドスに対する打点がないですが後攻の尻尾トリック決められれば後続のランクルスやカビゴンで起点にしていけるのでこの構成で困ることは少なかったです。





カビゴン
詰めの積み要因
前期に引き続き切り返し後の詰め要因として採用しました。
捨て身タックルは火力重視で、ナットレイはランクルスで相手できるのでトゲッキス ミミッキュ ドラパルトの並びに強くなるようにヘビーボンバーを採用しました。
前期同様なにもない状態でエースバーンと対面させないようにケア出来れば強かったです。



ランクルス
詰めの積み要因 このPTのMVP
当初はカビゴンで相手できないナットレイやドヒドイデや受け回しの対策として採用したのですが想定以上に詰ませられる相手が多く悪タイプがいないPT相手にはほぼ選出していました。
技構成は特殊物理両方に対応出来るように瞑想と溶ける、回復技の自己再生、特性天然持ちに対応できるアシストパワーでこれ以外ないと思います。
上から積むことが出来ればミミッキュやドラパルトも起点にできるので本当に強かったのですが、ある程度積まないと火力が出ないので急所等の負け筋をそれなりに引いてしまうのが玉に瑕でした。




エースバーン
襷持ちの汎用アタッカー
初手ダイマの展開が難しそうな場合に初手における枠として採用しました。
アイアンヘッドは対ミミッキュと命中安定技としてダストシュートはマリルリやアシレーヌがきつかったので採用しました。
無難に強かったです。






パッチラゴン
後続から展開するダイマエース枠のつもりでしたがほとんど選出しませんでした。
ただこのポケモンをいれることでマリルリやアシレーヌの牽制になりカビゴンやランクルスで起点にしやすいポケモンを呼んでくれるのが良かったです。



【選出】

1 ウーラオス+オーロンゲ+ランクルスorカビゴン(基本選出)

2 エースバーン+オーロンゲ+ランクルスorカビゴン

3 パッチラゴン+ランクルス+α (対受け回し)


ほとんどはこの3パターンのどれかでした




【結果】

TNけんた 131勝78敗 レート2110 最終30位



【雑感】

前期に引き続いての最終2桁と初めての最終50位以内を達成でき嬉しかったです。
対戦してくださった方々ありがとうございました。

何かあれば @poke555まで


20200902192032da1.jpg
ページトップ